中古車を買うときのチェックポイント

より良い中古車を選ぼう

>

中古車を購入しよう

流れを知ろう

中古車を購入するにあたって、最初に確認すべきことは、当たり前ではありますが自分がほしい車はどのようなものかということです。
車の利用目的や予算を決めて、それに見合うような車を探しましょう。

大体決まったら、中古車について自分が欲しい条件の車をチェックします。
いくつかきになるものを見つけたら、電話やネットで在庫確認や試乗の予約をしましょう。
中古車販売店の他、検索サイトやディーラーなどから中古車を探し、購入します。

実際に店舗へ行ったら、車を確認してみましょう。
問題が無ければ見積もりとなります。
基本的には、車両本体の価格と、自動車税などの法律で定められた費用、さらに販売手数料の3点分が料金となります。

その後、契約し必要書類を作成してもらいます。
保険等に加入したら、支払いをして終了です。

中古車の購入時の手続き

購入する車を決めたら、いよいよ契約をしていきます。
契約書は販売店側が用意していますが、細かな記載をよく確認して、分からないことがあれば納得いくまで質問するようにしましょう。
質問した際に、曖昧な回答をしたり、「大丈夫ですから」などとはぐらかしたりするような店には注意が必要です。

契約の際に必要なものがいくつかあります。
事前に準備するべきなのは、実印、印鑑証明書の二点です。
これらがなくては契約書を作成できません。
しかし、例外もあるのでよく確認しましょう。
販売店などからは車検証を受け取ります。
車庫証明書は、基本的には販売店に委託されており、見積もりにもこの代行費用が含まれていることが多いです。
しかし、最終的には購入者自身が記入する必要があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る