中古車を買うときのチェックポイント

より良い中古車を選ぼう

>

中古車を購入するときのチェックポイント

外装と内装に関して

まずは、最も目で見ることができる外装と内装についてのチェックポイントです。

外装に関しては、もちろんのことではありますがボンネット周辺にへこみや大きな傷がないかどうかを見ます。
また、ボンネットとフェンダーや、ヘッドライトなどの隙間が均一かどうか見てみましょう。
万一均一でない場合、事故車や修復したことのある車である可能性が高いです。

次に内装ですが、天井やメーター部分など、普通の乗り方をしていれば汚れないような部分に汚れがないかどうかを確認します。
これは人によりますが、たばこの臭いや灰皿を使ったあとがあるか確認して、妥協できない場合は購入しない方が良いです。
シートベルトに染みがないかや、空調をとめたとき車内にいやなにおいがしないかも確認しておきましょう。

その他の部分のチェックポイント

外装や内装以外の部分でも、確認しておきたいことはまだまだたくさんあります。
例えば、カーナビやエアコンなどの電装品がきちんと動作しなかったら困りますよね。
他にも、スピーカー全てから音が聞こえるかや、ウィンカー、ハザードがきちんと動作するかどうかも確認しましょう。
これらは、購入する場合別途修理が必要です。

ライトを付けてみた時に、極端に暗い、もしくはつかないといったことがあれば気を付けましょう。
バッテリーの交換をしなくてはならないかもしれません。

ブレーキやハンドルなども、試乗してみて異常がないかを確認しましょう。
サイドブレーキをかけたままDにしたとき、勝手に前方に進まないかどうかなど、少しでも異常があれば修理依頼、もしくは購入を断念した方が良いかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る