中古車を買うときのチェックポイント

より良い中古車を選ぼう

>

これだけは押さえたい注意点

中古車本体の注意点

中古車とはいえ、正しく選べば安全に乗ることができます。
しかし、そのリスクや注意点について知っておきましょう。

例えば、事故などで損傷を受けた場合、骨格などから修復を行っている車があります。
そういった車は、格安で売られていますが、あまりおすすめできません。
試乗でなんともないから大丈夫なんてことはありません。
いつ壊れるか分からない車を購入するのは控えておいた方が良いかと思います。

他にも、沿岸や河川で水害にあった車も気を付けなくてはなりません。
こういった車はいわゆる「水没車」と呼ばれ、主に電装系にダメージを受けていることが多いです。
修復歴無しであっても、水没車は修復歴車として扱われないため、注意しなくてはなりません。

販売店での注意点

たまにではありますが、悪徳な業者というのも存在します。
そういったところに捕まらないように、以下のことに注意しましょう。

過剰な利益を見込んだ販売価格を提示しているお店には気を付けましょう。
車両本体価格と、法定費用といった諸費用が購入金額の合計です。
この内訳で不明なものがあれば、店側によく確認しましょう。

また、「おとり在庫」にも注意しなくてはなりません。
外見やスペックが申し分ない中古車をネットで見つけ、いざ店舗に行くと「先ほど売り切れてしまった」と言って別の中古車をすすめられるケースが発生しています。
もちろん、運悪く本当に売り切れてしまっていた場合もありますが、こういった場合はおとり在庫を疑い、その店舗での購入は控えた方が良いかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る